スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳梗塞・リハビリテーション 53(49)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳梗塞・リハビリテーション 53(49)

 入院52日目 8月26日(金曜日)


中田さんが、僕たちのマンションを借る手配までしてくれていたらしい。今ならバブル崩壊の煽りで、敷金、礼金無しの物件が在る場合もあるからと云うことで、話を進めていたらしい。

実際、知り合いの人が3LDKのマンションを敷金、礼金無しの6万円で学生でも入れておこうとしていた。学生に貸すのだったら、私の友人に貸してやってくれと中田さんが申し込んだ時には、既に契約を交わしておったと云うこと。 

僕達と契約は交わせなかったが、何かと、いろいろなお世話を掛けるばかり。本当に、有り難う御座いました。一度、広島に帰ってからリハビリをすることに成りましたのでと丁重に御礼を云う。

 今日は国道246号線の南側の団地を歩く。あざみ野の外れに図書館が在って、昨日、江田駅を中心に付近の地図S=1/2500を買い求めていたのだ。

地図を観ながらの散歩は楽しい。

この道を左に曲がると500m先に竹藪有りか、もう残っていないだろうと思って行くと、ちゃんと残っている。その向かいに栗林があると、歩いても楽しくなるから不思議である。

500mほど行って休み、また、休みで別に急ぐ訳でもないから途中の風景が良く観える。南に下れば川の両側に水田が多く残っている。栗林に見事な栗が成っている。社もある。カンピョウの畑がある。

谷間の部分は農地で残って、西と東の山間部が宅地開発されたのだ。

そうだろうな、団地に坂が多いもの。

山でなければ素地は買えないし用地交渉も難しいだろうと感心しながら歩く。

1万歩は越す、12,413歩。

妻の「介護日誌」より抜粋


 朝 7時前 中田さんより電話。

 マンションの件、もう借り手が有ったとか 残念。

 本人の声は元気そうだったが、放射線を当てているせいか微熱が続

 いている模様。白血球も下がり 来週からは、面会出来なくなるか

 もしれないそうだ。

 病院に行っても大変なようなので見舞いは無理かも?

 院長回診が終わって、沼沢先生と31日退院の話をする。

 主人も大滝先生や皆さんに相談して踏ん切りがついたようで、気持

 ち方も広島に向いた様子。

 お昼が済んで今日はお風呂に行った勢か、久し振りに昼寝をする。

 それでも2時から左手機能交換のリハビリがあったので行く。

 右手のムクミを気にして包帯を巻いたりして様子をみる。

 病室に戻って外に散歩に出る準備をしていたら、落合氏、豊福氏が

 お見舞に来て下さる。

 帰られてから、荏田の新しい団地の方を廻って5時過ぎ病院に戻る。

 西ケ谷さんの奥さんとパン屋の所で出会い31日退院を告げる。

 大平君のお母さんも前向きに考えて、明日は仕事を休んで1日大平君

 に着いてリハビリを見るとか。

 私達が退院してからのことを不安がられる。

 寮に帰って、高橋肇さん、小田原、財津さん、他に退院の電話する。

 三信建設工業の大阪支店長 高橋 敬氏よりお見舞が届く。

(高橋さんは昭和58年の杭打ち工事のTAIP武智工務所の責任者である。)

****  蛇足 **(我慢して聴く会INくじゅう高原)********

これは、

脳梗塞のリハビリで 街に出れる様になり パソコン教室に通って作詞作曲した曲です。
 01 のっぽのけいこちゃん (左をクリックしてください) 自分の歌  

 02 夕張メロンの歌  左をクリックしてください) 孫の歌を採譜した  

では、我慢して聴いてください。

                             

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする