スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳梗塞・リハビリテーション 46(42)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳梗塞・リハビリテーション 46(42)

  入院45日目 8月19日(金曜日)

(記述無し)

妻の「介護日誌」より抜粋

  朝、一番の風呂に入る。一番なので湯気も少なく身体を流すのに

  汗をかかなくて済んだ。

  お昼過ぎ 和海と加代子さんが梨狩り帰りに寄ってくれる。

  差し入れのサンドイッチと手作りの蒸しパンに大喜びだけど、

  体重は減りそうもない。

  今日はお風呂のせいか風邪気味だとか云って、あまり歩きたがら

  ない。

  それでも近くの真福寺公園を回って帰る。                 

 入院46日目 8月20日(土曜日)


まだまだ残暑は厳しい。5階の廊下も朝から蒸し暑い。

歩行練習をして一休みし、立ち上がると脚の腿とお尻に汗が吹いている。

腰かけて、手の平の開閉訓練をする時分には、朝日が眩しく、今日も暑くなるだろう、と思われてくる。真福寺公園の蝉の声が五月蝿いほどである。 

               

リハビリ室で空いている自転車に乗ってみる。

台に固定してスピードと運転距離が判るようになっている。

まず、跨ぐのにひと苦労、左足は床にもペダルにも構えられるのだが、腰が据わらない。

右手をハンドルに持っていくのから始めねばならない。

ドラエモンの掌を開くのに時間が掛る。

左手でこじ開け、ハンドルを持たせ、右足を振り上げサドルに跨ぐ。

ここまで来れば一安心。

両手で腰の座りを良くして、ペダルに足を乗せ、サンダルに突っ込む。

準備完了、先生に10分とセットしてもらいペダルを踏み始める

右足がペダルから外れそうになるが、気をつけて、踏む。

やっと自転車にも乗ることが出来た。

最初は10分間でも、凄く長く感じる。 

やはり、腿の肉が細くなっているのが、脚力の衰えに現われるのだ。

       

でも自転車に乗れた!と云う満足感が、気持ちを明るくする。

久し振りの夕立で外の散歩は出来なかったが、気持ち良く、雷と雨音を楽しむ。

妻の「介護日誌」より抜粋

  午後のリハビリで自転車を10分間漕ぐ。

  先週 歩行を見てもらった高橋先生が来られておられたので、

  合間を縫って歩きを診てもらう。

  大滝先生は忙しいので患者の数が多いのか大変だ、高橋先生は

  若くて真面目で丁寧なので、いろいろと参考になる。

  夕方から雨と雷。久し振りの雨で涼しくなる。

  雨のため外には出られなかったが、それでも歩行は8000歩を越える。

 

**** 蛇足 **(我慢して聴く会INくじゅう高原)*******

これは、

脳梗塞のリハビリで 街に出れる様になり パソコン教室に通って作詞作曲した曲です。
 

 01 のっぽのけいこちゃん  (左をクリックしてください) 自分の歌  

 02 夕張メロンの歌 (左をクリックしてください) 孫の歌を採譜した  

では、我慢して聴いてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする