スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳梗塞・リハビリテーション 37(33) 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳梗塞・リハビリテーション 37(33) 

 入院36日目 8月10日(水曜日)

安達俊雄常務、早川取締役、豊福部長と揃って見舞いにおみえになる。
身体が資本と云うがオーバーホールしたものは仕方がないのだから、何もかも忘れて、ゆっくり治すのだと云ってくれる。

かく云う先輩方も一度や二度の大病を経験した口振り。安心をして療養に専念せよと云って下さる。甘えたようになるが、この言葉、有り難く承ります。
肩の荷が降りて、本当に有難かった。

ゆっくり療養など出来る暇が有るか!、困ったと思っていたのが実情。
俺が居なければ、俺がやらねば、俺がするから……と自己中心に世界が廻ってきた。それは間違い、と病気になって気がついた。

俺が居なくとも代わりは、誰でも、何とでも付く。
歯車の一つが欠けたからと云って、代わりの部品が直ぐ揃うように出来ている。実際にそうなったのだ。それに、気付いたのだ。

世間では常識となっているのに、今ごろになって。よし、あせらず、気長にリハビリをするぞって覚悟を決める気になった。そう決めると、何か気持ちも落ち着いて、すっきりする。

今まで胸につかえていた何か、が無くなり、噪焦感が消えたから不思議である。歩行練習は無理をしない程度に歩く。

2300歩。

息子の「介護日誌」より抜粋

  

  今日は歩き疲れたのか、ギックリ腰らしく、2300歩位しか歩いてい

  ないようだ。 本人も今日は、休みと決めたらしく万歩計を外して 

  いた。 しかし、今日も暑い。

  (中略)

  ニュースを見ていると大韓航空機の事故。こわい、怖い。

  寮で最後の夕食は、ハヤシライス。

  大勢の量を作る分、美味いのか?

彼は大学の関係で、この後すぐカナダへとホーム・ステイに旅立った。

その飛行機が大韓航空。千歳空港より韓国、韓国よりカナダの何とか の方が航空券は 安くなるのだから、不思議な経済現象だ。

安いのは安全無視か解らんよ、って云っていたのだ。

韓国で購入する航空券が安く手にはいるのだから、日本も国際競争に勝てないはずだ。

**** 蛇足 **********************

これは、

脳梗塞のリハビリで 街に出れる様になり パソコン教室に通って作詞作曲した曲です。

01 のっぽのけいこちゃん   (左をクリックしてください) 自分の歌  

02 夕張メロンの歌  (左をクリックしてください) 孫の歌を採譜した  

では、我慢して聴いてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする