スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳梗塞・リハビリテーション 19(16)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳梗塞・リハビリテーション 19(16)

 18日目 7月23日(土曜日)


リハビリは今日も池田先生。ラッキー!って感じだな。

男の先生は、概して「たばこ」が臭うのに池田先生からは無いなぁと、当たり前の事を考える。いや、池田先生に失礼なことだ。

だが「たばこ」のことで思い出したが、入院以来、一本も吸うていない!

あの自他ともに「ヘビー・スモーカー」と云っていた奴が。

ケント・マイルド5箱100本以上の煙突さんが、タバコの味を忘れたってかい。東京転勤の前、5月26日に広島日赤病院に入院して、胆嚢摘出手術を行った。この手術日が6月1日。手術前3日間、遅くとも29日には絶対禁煙。

これが守れぬと術後の面倒は責任持ちませんよ!と看護婦さんに云われてやっと29日に禁煙が出来た。肝臓と胆嚢が癒着しそうになっていて、1センチ6ミリ程度の胆石が有るとのこと。検査入院から約1ヵ月後の手術日となる。

執刀医の佐々木外科部長の日程が詰まっているのだ。

 このとき「たばこ」の味を覚えて30年目に初めて禁煙をした。

酒はやめることが出来ても、タバコは止められなかった。

完全なニコチン中毒になっていたのだろう。

それが29日朝から絶対禁煙、やめたのだから嬉しかった。

手術後経過よし、入院中は勿論禁煙を守り投資6月8日抜糸。

その日、退院して自宅療養をさせられる。パートに出ている妻も居ない我が家に、独り留守番をすることの退屈さ。

全く暇を持て余すもんだ。身体を使いたいのだが、安静に養生のことと云われている身である。つい、そろりそろりとタバコ屋まで出掛ける。

吸い慣れた「ケント・マイルド」でなく何本も吸わないようニコチンのキツイ「ロング・ピース」を買っている自分に気付く。

『折角の禁煙だ、これを機会に止めなくちゃ男じゃ無い。』と家族の前では云った。その男は誰かなぁと思いながら。 家に帰って座敷にあがる。おもむろにセロファンの鉢巻きを切る。黄色い箱の鳩のデザインを観ながら銀紙を開ける。

1本火をつける。吸い込む。

煙の塊が喉に詰まって蒸せる。咳が出る、胃袋の周りが痛む。

そりゃそうだ。手術して12センチ、7針を縫ったのだから。

独り痛さに涙をながして周りを見る、誰も居るはずがない。

やっぱり止めるか、と灰皿に手をやる。揉み消した積もり。

火が完全に消えてない!紫の煙がスーと立つ。ピース独特の紫煙である。

口の卑しい奴は、火を消す前に、一服吸う。

これが、今度は美味いったらない。

フーと噴かす。美味いなぁ、ともう一度呟く。

もうだめだ、一度「たばこ」の味を思い出したらもう駄目だ。

禁煙なぞと止め!にしろだ。それからロングピース党になってしまった。ケントもピースも吸い出したら本数は変わらない、100本のペースにスグ戻った。これが横浜で入院前の姿だった。

 入院以来、「たばこ」のことなど頭に無い。

そういえば人が吸っていると、イガッポイ臭いは感じる。

でも吸いたい気持ちにはならない、関心が無い。人が吸っていると、その香り、カホリ、臭いでなく匂いがたまらなく好きであったのに。

言語リハビリの時、白い物の名前が云えなかったように、タバコの味の記憶も無くなったのであろうか。そう云えば、ビールも、酒も欲しいとは思っていない、酒の味も忘れたのだろうか。入院中にビールを飲ませよと云っても無理だろうな。

 午後、修道大学の川手秀文先生御夫妻が広島より見舞いに来られたのには、吃驚した。学会の報告か発表会があったらしい、見舞いがてら奥さんを同伴してくるところが良い。お二人とも、僕が喋れるのに安心したと云い大喜び。

まだ呂律がハッキリせん、大きな声が出ないと云えば、今までが大きすぎたのだ、ちょうど良い、ちょうど良いと云う。奥さんも一緒で何だか落ち着いて話ができる。きっと我が家に歳々来て話をしているからだろう。

太平洋、広島湾、日本海を結ぶ三軸経済構想に関わっている櫟本功教授との話やら、私的な『22世紀研究会』のことやらで公私共に御多忙な毎日らしい。22研の皆様からは御見舞まで言付けてくれて恐縮してしまう。

妻の「介護日誌」より抜粋

   本日もリハビリは大瀧先生、お休み。女の先生。

   丁寧で、優しいのでゆったりとリハビリが出来るような気がする。

   午前、午後に加え 廊下の歩行訓練。

   窓際の長沢さんと入口の森さん、本日、退院。

   森さんは朝夕に、早くからカーテンを開け閉めしていたので、部屋の人達
は、本日より少し気分がゆったりするのでは。

   小林さんは外泊で、今夜は部屋に3人だけ。柴崎さん、中尾さんそれに内
の3人。

   お昼から、本間さん大林さん、お見舞いに来て下さる。

   広島から川手夫妻もお昼前、東京出張の帰りとかいって 寄って下さる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする